大貝塚シリーズ
  2002年7月21日(日)

犢橋貝塚・落合・鶴牧遺跡

 

― 花見川左岸の遺跡をあるく 

 


 千葉市の北西部から東京湾に注ぐ花見川左岸の縄文遺跡を中心に歩きました。

  ★花見川・・・・もともと千葉市花見川区横戸町付近を水源としていたといわれるが、江戸〜昭和の開鑿事業により、印旛沼から東京湾に注ぐ河川となった。花見川の別称「堀割川」や行政名「印旛沼放水路」、八千代市以北の名称「新川」は、その開鑿事業の歴史を物語る。


 

 ■コース(10:00-12:30

  さつきが丘公民館(集合・説明)→犢橋貝塚(国指定史跡、字草原)→陣屋台(古墳群)→陣屋南遺跡→上鶴牧遺跡→殿山遺跡(殿山城跡、東大農学部付属植物実験所)→東大総合運動場西門ハス池中谷遺跡中鶴牧遺跡落合遺跡(大賀ハス発掘地点)→鶴牧遺跡→正門(解散)

●参考

イベントお知らせページ

 

1/25,000地形図:千葉西部(北東)

国土地理院の試験運用ページ。地形図閲覧システムの利用規定をよんで見ましょう。たいへんよい地図なのですが、閲覧以外の利用はできません。花見川「区」付近が落合遺跡、大賀ハス発掘地点。「区」の上の台地が中鶴牧遺跡。「川」の上の台地が殿山城跡。東京大学「総合」運動場の「総合」の台地が中谷遺跡。「場」の上の台地が鶴牧遺跡。

 

犢橋貝塚(さつきが丘)

さつきが丘公民館の一室を借りて、まず全体の説明です(写真左)。説明役は「千葉市の貝塚」のワイワイグッチさんにお願いしました。
 犢橋貝塚へ。さつきが丘公民館のすぐ前(写真左)が、犢橋貝塚です。国の史跡に指定され、公園となっています。規模南北180m、東西160mの環状の大貝塚(縄文中期〜晩期)です。晩期まで存続した大貝塚という点でも貴重です。  

 もっとも貝層が露出しているところ(北西付近)。オキアサリ、イボキサゴが主体の貝層です。注目されるのは、ヤマトシジミが含まれていることです。北の印旛沼との関係が推測されるのです。

 本来の花見川と印旛沼をむすぶ開鑿事業に使われた勝田川(現在の花見川の印旛沼側=新川)は、もともと印旛沼の方に注ぐ川でした。犢橋貝塚人たちは花見川・勝田川ルートで、印旛沼方面の縄文人と交換で手にいれた?あるいは自ら、花見川を遡り、勝田川に出、印旛沼で漁をしたのでしょうか?

 ひじょうに暑かった。木陰で説明を聞きます。大型環状貝塚とはいったい何か?真相に近づく重要な一歩となったのが、この犢橋貝塚なのです。かつて馬蹄形状に集落が営まれた結果が、大型環状貝塚であると、いう馬蹄形集落説が唱えられました。それに基づいて、犢橋海津塚の調査が行われましたが、貝層中心部付近には、住居が見つからなかった、ということです。
 北東方向。馬蹄形(Cの字型)の貝層の開口部です。谷に向かって開口していますが、開口部より中央部分が低い、いわゆる先導谷に近い地形を実感できます。

 先導谷のような地形では、中央部分は水がたまりやすく人が住むには適しません。その外側の小高いところに人が住みはじめ、近くに食べた貝を廃棄し、小貝塚ができる。やがて少し離れたやはり外側の別の場所に住居を移し、また貝を廃棄して・・・というのを途方もない長い時間(何百年も?)繰り返し、小貝塚が積み重なってできたのが、巨大な環状貝塚である――」犢橋貝塚は、大貝塚形成の謎を解き明かすうえでも、注目される遺跡です。

 犢橋貝塚の標柱。1981年国の史跡に指定され、貝層部分について保存措置がとられました。しかしながらその周辺については、おびただしい数の集落跡が認められたにもかかわらず、未調査のまま宅地造成が開始され、周辺地形とともに、文化財は消え去ったとのことです(千葉市『千葉市史』)。

犢橋貝塚の標柱
 説明版を見ているところ。  

畑町をへて東大総合運動場へ

 犢橋貝塚からさつきが丘団地の中を西へ向かいます。途中、さつきが丘団地の中に畑がありますが、そこに微細な土器片が落ちているところがあります。
 谷津地形。右手前の台地が犢橋貝塚のある台地。中央やや右の台地は、丸山遺跡。近世の貝塚であるとともに中世の城跡でもあります。左の台地が陣屋台になります。
 手前畑町字松原。前方畑町字陣屋台陣屋台古墳群(円墳2基)があるはずなのですが、未確認。

 陣屋台とは気になる字名ですが、写真の左外は字「陣屋」であり、「陣屋」という屋号のお宅があります。下見できたとき農作業をしていた方に尋ねたら、親切にもそのお宅に連れて行ってくれて、そのご主人と引き合わせてくれました。けれども「ここの地名が陣屋だから、屋号が陣屋になってしまった。なぜ陣屋というか、わからない」ということでした。隣接する字「神場」(かんば)」の十二社神社付近に、近世の陶磁器片が混じった貝塚(神場南貝塚)と土塁があることが指摘されています(小笠原永隆1999)。『千葉市図誌下巻』によれば、畑町には旗本遠山氏・金田氏の知行地があったようですから、いずれかの陣屋でしょうか。

 陣屋南遺跡。右前方が陣屋遺跡。さらに先は花見川。(なお『千葉市図誌』記載の小字図とズレがあるようです。)
 上鶴牧遺跡です。東京大学総合グラウンドの北の隣接地で、住宅地になっています。1993年と1994年宅地造成にともなう調査がおこなわれ、竪穴住居跡が11軒検出されている。古墳時代4軒、奈良平安時代7軒。

東京大学総合運動場(検見川グラウンド)

東京大学総合運動場

大賀ハス(7月上旬)

ハス池と大賀ハス記念碑

鶴牧遺跡(縄文早期)

  東大総合運動場の西端にあるハス池。2000年前のハス、大賀ハスの記念碑があります。ただし1951年、大賀ハスが発掘された地点はここではありません。もう少し東の、ゴルフ場の中です。1日前に観蓮会が開かれたようですが、この池では、かろうじてハスのつぼみがひとつ(写真中央やや左下)。 
 今年は、見頃は7月上旬だったようです。右は千葉公園の大賀ハスを7月上旬に撮影したもの。
 落合遺跡(低地)の中を進みます。前方台地は中谷遺跡(なかやつ、縄文後期)。芝生が張られていますが、土が出ているところを気をつけていると、小さい土器片が落ちています。

殿山城跡と中鶴牧遺跡(中世)

 中谷遺跡西端から北を見ています。写真左の山林が殿山城跡(殿山遺跡、東京大学農学部付属植物実験所)。右のグリーンの台地が中鶴牧遺跡(中世)。左外から前面をへて右端一部見えている谷までの低地が落合遺跡。2000年前のハス、大賀ハスの種の発掘地点は写真右端ギリギリで入っていません。

 殿山城の向こう側(西)下には、花見川が流れています。

 落合遺跡(低地一帯)。集まっている地点が大賀ハス発掘地点です。背後の台地は鶴牧遺跡(鶴牧貝塚)

 鶴牧遺跡は1952年東大により調査が行われ、縄文早期の炉穴が検出されました。しかし正式の報告がなく詳細不明です。ゴルフ場になっており芝生が張られていますが、最近、踏査した専門家によると、モグラの穴から焦土が見えたり、貝殻や土器片が見られるので、遺構はのこっている可能性がじゅうぶんあるということです。

 

 「大賀ハス発掘地点」を示す国土地理院の標識。ゴルフの邪魔になるためか、予想したより、小さい・・・

 落合遺跡大賀ハス発掘地点。この東大のグラウンドでは第二次大戦中と直後、代用燃料として泥炭が採掘されていました。1947年、泥炭発掘の際に、丸木舟3隻、櫂6本(14分析で約3000年前)が発掘されています。ワイワイグッチさんによれば、中谷遺跡の縄文人のものではないか、とのことです。

 説明役のワイワイグッチさん、ここまでくると、ますます乗りに乗って、絶好調。縄文人が「私には見える!」 

暑いなか、お疲れ様でした。

説明役のワイワイグッチさん、ご苦労様でした。

 

 ※たかしpart3さんと矢野さんから提供してもらった写真を使用しています。

 さつきが丘公民館、東京大学総合運動場の職員の方々、お世話になりました。

 

 

(参考サイト)
  説明役の自称「縄文人」yygucciさんが当遺跡めぐりを報告してくれています。本格的な詳しい説明がありますので、ご覧ください。また一日前に開催された観蓮会の報告もあります。東大農学部付属植物実験所(殿山城跡)の中のきれいなハスが見られますよ(^^)
園生貝塚研究会 on web 「貝塚を訪ねて」のページに犢橋貝塚が取り上げられています。

 

 


(参考文献)

『千葉市史 原始古代中世編』千葉市 1974年  

『千葉市史 資料編1 原始古代中世』千葉市 1976年  

『千葉市図誌』千葉市史編纂委員会、1993年。

小笠原永隆1999 「花見川左岸の貝塚」、『貝塚研究』4号1999年、園生貝塚研究会。


 

△このページの最初へ

●本館メニューへ

●新館トップメニューへ


| 本館トップメニュー |新館トップメニュー
| ごあいさつ| 掲示板 / 旧掲示板| | 活動記録(遺跡めぐり以外)|  
お知らせ・イベント情報|
| リンク集  |

千葉市の遺跡を歩く会
COPYRIGHT 2000
aruke
chibaiseki@geocities.co.jp

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO